【ショック】スマートフォンで警察を撮影していた男の愛犬が射殺される

事件現場で車をとめ、スマートフォンで警察・事件の様子を撮影していた男性。
帰ろうとしたところ、警察から呼び止められ、職質?のため手錠をかけられます。

そして主人が危険?だと察知したのか、犬が主人を取り囲む警察官を威嚇します。
そして警察は犬を射殺。グロくはないけど、ちょっとショッキングな動画です。


一口コメント

なにこれ、、、ショックだわ
手錠をかけられた主人がピンチだとわかったんでしょうね。吠えて警察官を威嚇。それでも解放しないから飛びかかる・・・んで射殺される。

頭の悪い犬だったら「何?何??」ってボーっとするでしょうが、この犬は賢くて忠義心が強いがゆえにこういう最悪な結果を招きました。それが故にめっちゃ残念です。

射殺した警察官は非難されるでしょうが、即効射殺せず、しばらく銃を向けつつ牽制していたので、飛びかかっていった犬がこうなるのは不可抗力な気がします。

てか銃社会において抵抗する犯人を構わず射殺する警察だから、仲間が凶暴そうな犬に襲われているのを助けるのは、職務上正当な行為なのかもしれません。

愛犬が殺された飼い主はめっちゃ可愛そうですが、ピリピリした現場において警察をやじうま気分で撮影したのがそもそもの間違いだったのかもしれません。

それにしてもこれはショッキングです。

 

 

コメントを書く