風の力で動く彫刻作品

オランダの物理学者&彫刻家のテオ・ヤンセン氏が作成した風力で動く彫刻作品「Animaris gubernare」の映像です。
砂浜の風を動力源としてわさわさと彫刻が動きます。まるで巨大生物が歩いているよう!

ちょっと気持ち悪いですが、これはスゲー!!


一口コメント

なんだこれ!!凄すぎだろ(笑)
どうやって動いているのか意味不明です。

風によって上部分の帆みたいなものがわさわさなっているのは確認できますが、あれでなぜ下の足部分が動くんだろう?
このわけわかんなさが最高に神秘性を持たせてくれます。

素材はプラスチックのようですが、なんだかハウルの動く城が実世界に飛び出たような感覚です。

 

 

コメントを書く

「彫刻」に関連するページ

器用すぎ!鉛筆の芯で作った彫刻(すごい画像)
えっマジ!?全て木でできている彫刻アート(すごい画像)
「近代彫刻に服を着せてみた」というおもしろアート(すごい画像)