15年ぶりに聴力を取り戻し、初めて息子の声を聴いた母

アメリカ在住のドーン・カイムさん(43歳)。
15年前に聴力を失い、8歳になる息子の声を1度も聴いたことがありませんでした。
そして一生聴くことはないだろうと諦めていました。

しかしテレビ番組を通じて最新の人工内耳手術を受けられることになり、聴力を取り戻すことに成功。
動画は、ドーン・カイムさんが初めて息子の声「I LOVE YOU」を聴いたときの様子を映したものです。


一口コメント

もらい泣きしてしまった ( ;∀;)

15年間聴力を失い、初めて息子の声を聴いた母。
そして第一声が「愛しているよ」の息子。
「私も愛しているよ」と返して抱擁しあう親子。

それだけでもジーンと来ますが、2人とも泣いちゃうもんですから私もつられて泣いてしまいました。

幼児期の頃は赤ちゃんに話しかけ言葉を覚えさせなければならないし、コミュニケーションで意思疎通をとらなければなりません。
そんな普通なことができなかったカイムさんは、どれほど悩み苦しんだか想像につきません。

ある程度成長した息子は「耳が聴こえない」ということを理解できますが、小さい子だとその意味がわからず「どうして僕のママだけ耳が聴こえないの?」と悔しい思いをしたかもしれません。

そんなさまざまなコミュニケーション上の困難を乗り越えてきたカイムさん一家ですが、今回手術が成功して聴力を取り戻すことができたので、今後は声で耳でいっぱい会話していってほしいと思います。

 

 

コメントを書く